So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン
前の3件 | -

秋色の棚田 [里山・郷]

P9094538.JPG




愛知県新城市四谷: 鞍掛山(標高883m)の中腹から枯れることのない


湧き出る水を利用し、その斜面に鞍掛山の転石や山崩れで流出した石を


積んで構築された棚田は、周囲に溶け込み素晴らしい景観を形成しています。



P9094574.JPG



P9094554.JPG     P9094537.JPG





昭和46年頃までは、1300枚ちかくあった棚田も減反政策や高齢化の為に


400枚少々に減少してしまいましたが、古くは700年前(鎌倉時代)から


耕作されてきたとされる棚田を地域の宝として残そうと今も尽力されています。



刈り取った稲を天日で干す為の稲架は、大型機械の入れない棚田では木材や


竹等でしたが現在は建築用の足場材などを使用し、電動工具で組み立てています。



P9094546.JPG



P9094541.JPG P9094543.JPG P9094547.JPG





P9094570.JPG    P9094549.JPG

nice!(379)  コメント(21) 

大妻籠 [宿場町]

P9014398.JPG




長野県木曽郡南木曽町吾妻: 妻籠宿から馬籠宿に続く中山道、妻籠宿から


少し離れた処に、袖卯建(そでうだつ)を持つ出梁(だしはり)造りの


数軒の民家と大きなお蕎麦屋さんが一軒ある小さな集落[大妻籠]が在ります。



P9014422.JPG    P9014406.JPG



P9014427.JPG    P9014425.JPG





[妻籠宿]から離れているせいか、観光地されておらず細い旧中山道と共に


昔ながらの面影を残し、素朴な日本の情緒を感じることの出来る集落です。



P9014414.JPG



P9014421.JPG    P9014412.JPG




[藤原家住宅]は、改造はあるものの県内の民家で最も古いクラスとされる


江戸時代初期の古民家建築遺構として、昭和53年(1978年)


7月27日に、長野県の県宝に指定されました。



P9014400.JPG    P9014402.JPG





nice!(417)  コメント(9) 

木曽馬の里 [テーマパーク]

P9014459.JPG




長野県木曽郡木曽町開田高原: 御嶽山を望む標高1500mに位置する開田高原。


[木曽馬の里]には、日本古来の在来種[木曽馬]が飼育・放牧されています。



P9014432.JPG   P9014431.JPG




木曽馬は古くからこの地域で飼育されている体高およそ133cmの中型馬で、


厳しい自然環境の中で飼育され、強靭で粗食に耐え、蹄は硬く蹄鉄の必要はなし。


昭和35年頃までは、どの農家でも一般的に飼育されていたようです。



P9014446.JPG  P9014442.JPG





木曽馬を保護しているこの牧場では、馬と触れ合うだけでなく乗馬や


馬車に乗ることが出来、老若男女が簡単に乗馬を楽しんでいました。


生憎ですが撮影した日は、残念ながら放牧していませんでした。



P9014463.JPG



P9014445.JPG   P9014465.JPG






P9014461.JPG P9014460.JPG P9014452.JPG


 

nice!(411)  コメント(17) 
前の3件 | -