So-net無料ブログ作成
検索選択
世界遺産 ブログトップ

越中 五箇山  [世界遺産]

PA098728.JPG
 
 
 
 
 
 富山県南砺市五箇山、庄川沿いに位置し合掌造りの茅葺き民家が立ち並ぶ、
 
懐かしい長閑な山村で、相倉(あいのくら)集落と菅沼(すがぬま)集落が、
 
岐阜県の白川郷と共に平成7年(1995年)世界遺産に登録されました。
 
 
 
 PA098725.JPG
 
 
PA098736.JPG     PA098745.JPG
 
 
PA098741.JPG
 
 
 
 
豪雪に耐えるため60度の正三角形に造られた急勾配の屋根を持ち、屋根裏で
 
蚕を飼うために切妻式とし明り取りを設置、床下では鉄砲火薬の原料である
 
塩硝土を培養するために、床下を高くしています。
 
養蚕・塩硝・紙すきは、江戸時代の[五箇山]の三大産業でした。
 
 
 
上記の菅沼集落とは少し雰囲気のことなる相倉集落です。
 
 
PA098767.JPG
 
 
 PA098759.JPG    PA098752.JPG
 
 
PA098753.JPG    PA098754.JPG
 
 
 
 

nice!(496)  コメント(11) 
世界遺産 ブログトップ