So-net無料ブログ作成
検索選択
花・鳥 ブログトップ

浜名湖ガーデンパーク [花・鳥]

P6241082.JPG




静岡浜松市西区村櫛町:面積56ヘクタールの広大な県営大規模公園は、


2004年4月8日~10月11日まで開かれていた[浜名湖花博]の


会場を、2005年6月5日より現在の形にしオープンした都市型公園です。



P6241061.JPG



P6241069.JPG     P6241037.JPG





テーマごとにエリアのが別れている自然公園は、普段目にすることのない花木や


様々な演出と遊具に溢れ、子供から大人まで十分に楽しい時を過ごせます。



P6241019.JPG P6241025.JPG P6241026.JPG


P6241027.JPG P6241029.JPG P6241031.JPG


P6241044.JPG P6241043.JPG P6241064.JPG

nice!(432)  コメント(11) 

昼神の花桃 [花・鳥]

P4300552.JPG





長野県下伊那郡阿智村・伊那谷から木曾谷を結ぶ国道256号線の約40kmは


[花桃街道]と呼ばれ、4月中頃~5月中旬に掛けて、沿線が桃源郷に変わります。


昼神温泉の花桃は、1本の木に赤・白・桃色の3色が咲く珍しい種類があります。



P4300545.JPG



P4300548.JPG      P4300560.JPG





この桃源郷の始まりは大正時代にさかのぼり、当時の木曽発電(株)社長


福沢桃介(福沢諭吉の娘婿)氏がドイツから持ち帰った3本の花桃が、リレー式に


南木曽から国道256号線に沿って阿智村へと広がり、現在も拡大し続けています。



P4300564.JPG






近くで見かけた[ヤマブキ]と[クサノオウ]の花



P4300554.JPG      P4300567.JPG

nice!(407)  コメント(9) 

石巻のカタクリ山 [花・鳥]

P4020301.JPG
 
 
 
愛知県豊橋市石巻西川町:戦国時代の末期この地区を支配していた豪族の
 
西郷清員(きよかず)が築城したとされる[西川城址]の斜面に、
 
薄紫の清楚な花を咲かせる[カタクリ]の大群生が見れます。
 
 
※私有地ですが整備され、カタクリの開花時期のみ開放されています。
 
 
P4020283.JPG
 
 
 
訪れたのが早朝だった為に、朝露を一杯浴びて頭を深く垂れていました。
 
 
P4020290.JPG
 
 
P4020288.JPG               P4020293.JPG
 
 
 
 
 カタクリは早春に葉が成長し、5月には地上部は枯れてしまいます。
 
種子が地面に落ちて開花するまで7年近くかかります。
 
 
 P4020302.JPG
 
 
 P4020310.JPG              P4020321.JPG
 
 
P4020326.JPG               P4020332.JPG
 
 
 
 
 P4020328.JPG                P4020338.JPG
 
 
 
 
 
 

nice!(489)  コメント(23) 

伊良湖・菜の花まつり [花・鳥]

P1299559.JPG
 
 
 
 
早春の陽ざし をたっぷり浴び、一面が黄色に染まった菜の花畑、全国トップクラスの
 
農業王国である渥美半島田原市、伊良湖の菜の花まつりは毎年1月中旬から
 
3月末まで開催され、[見て食べて遊んで]一足早く春を体感させてくれます。
 
 
 
P1299573.JPG
 
 
P1299577.JPG                 P1299564.JPG
 
 
 P1299584.JPG
 
  

nice!(454)  コメント(27) 

熊野(ゆや)御前 [花・鳥]

P4237579.JPG
 
 
 
 
 
 静岡磐田市池田の[摂取山行興寺]は、[熊野(ゆや)御前]が母の死後一宇を建立し
 
念仏三昧に暮らした場所であり、熊野の死後正応3年(1290年)時宗瑞行派として開山した。
 
 
P4237432.JPG       P4237442.JPG
 
 
 
 
 池田荘の荘司であった[藤原重徳]は、子授けの為に紀州熊野権現に祈誓をかけて
 
女子を授かった。 熊野はこれに因んだ名で、才色兼備当時の婦人の手本であった。
 
熊野御前は後に池田の荘の国司として着任した[平宗盛]に仕え京に上る。
 
 
寿永2年(1183年)、京での花見病気の母を想う和歌
 
「いかにせん 都の春も惜しけれど なれし東の花や散るらん」の歌を読み
 
宗盛の心を動かし帰郷を許諾、池田に帰り孝養を尽くした。
 
 
しばらくして平家が源氏に敗れ宗盛を亡くし、そのご最愛の母も亡くした熊野は
 
念仏道場を開き、十一面観音像を本尊として信仰したが、33歳で一生を終える。
 
 
 P4237453.JPG
 
 
 
 
 
 
 熊野はは生前に藤の花をこよなく愛し庭に植えて楽しんだ。そのお手植えとされる藤の花が
 
今も境内にあり、熊野御前の命日である5月3日も咲き誇っています。
 
 
 P4237484.JPG
 
 
 P4237440.JPG      P4237434.JPG
 
 
 P4237452.JPG      P4237477.JPG
 

 P4237495.JPG
 
 
 
 
 

nice!(462)  コメント(24) 

南信州の彼岸桜 [花・鳥]

P3277157.JPG
 
 
 
 
 冬用のタイヤを持ち合わせていない為、恐る恐る峠を越え信州方面へ・・・・・
 
雪など全く無くポカポカ陽気、目的の桃の花は未だはやく仕方なく帰路途中の
 
県道脇に淡いピンク色の彼岸桜が満開・・・・・
 
 
 
 P3277163.JPG
 
 
 
ここは長野県下伊那郡阿南町中谷、信州で最も早く春の訪れ告げ咲き誇る彼岸系の古桜、
 
樹齢は100年以上(推定150~200年)とのことで、この地域の宝ものとし[中谷桜会]の
 
会員が中心となり周辺整備を行うと共に、無名の古桜を[仲谷春告桜]と命名しました。
 
 
 P3277167.JPG       P3277172.JPG
 
 
 
P3277177.JPG 
 
 

nice!(459)  コメント(5) 

二俣川の彼岸花 [花・鳥]

P9205689.JPG
 
 
 
 
 
静岡浜松市天竜区二俣町の栄林寺は、南北朝時代に玄賢和尚が開いたとされ、
 
袋井市の末寺にあたる曹洞宗の古刹です。
 
その栄林寺前を流れる天竜川支流の二俣川河川敷は、今まさに曼珠沙華が満開です。
 
 
 P9205688.JPG
 
 
 
 P9205677.JPG         P9205675.JPG
 
 
 
 
 
 花のある時期には葉は無く、葉のある時期には花が無い・・・・・
 
[葉見ず、花見ず]と呼ばれる曼珠沙華が咲き乱れ、あたりは妖艶な雰囲気に包まれていました。
 
 
 
 P9205683.JPG
 
 
P9205674.JPG
 
 

nice!(467)  コメント(13) 

一の宮 しょうぶ園 [花・鳥]

P6075020.JPG
 
 
 
 
静岡県周智郡森町一の宮、小国神社の鎮守の森を背景にし境内を流れる宮川の清流を
 
引き込んだ1200坪の園内では、130種類40万株の花菖蒲が丁度見頃となりました。
 
 
 P6074965.JPG
 
 
 
 
 
小国神社の境内に自生していた野生の花しょうぶを、昭和35年(1960)に神社前の
 
神田移植し、品種の多様化に努めたのが始まりだそうです。
 
 
P6074962.JPG P6074966.JPG P6074974.JPG
 
P6074971.JPG P6074972.JPG P6074980.JPG
 
 
 
 
 
お気に入りの花が有れば、1株1000円で販売しています。
 
 
 P6074993.JPG        P6074983.JPG
 
 
 P6075002.JPG        P6074982.JPG
 
 
 
P6075007.JPG
 
 

nice!(581)  コメント(8) 

熊野(ゆや)の長藤 [花・鳥]

P4254422.JPG
 
 
 
 
 
静岡磐田市池田の行興寺と、隣接する豊田熊野(ゆや)記念公園の藤棚は面積1600㎡、
 
推定樹齢800年の熊野(ゆや)の長フジをはじめ、県指定天然記念物の老木5本があり、
 
その花房は1メートル以上にも伸び紫系の美しい花と、辺り一面に甘い香りを漂わせています。
 
 
P4254366.JPG
 
 
 
 P4254379.JPG          P4254363.JPG
 
 
 
 
 
 
遍照山 西法寺跡
 
西法寺は今から770年前、鎌倉時代の貞永年間(1232)に創立された真言院で
 
本寺は高野山普門院、現在お寺は浜松市に移っています。
 
 
P4254400.JPG
 
 
 P4254403.JPG          P4254396.JPG
 
 
 P4254394.JPG          P4254447.JPG
 
 
P4254429.JPG 
 

彩る花 [花・鳥]

P4024056.JPG
 
 
 
 
 
週間天気予報では明日から傘マーク、[なたね梅雨]とのこと・・・・・大慌てで撮影
 
 
 
朝晩は肌寒さを感じますが、日中は暖かくなると同時にいっせいに開花する桜。
 
人生の転機を彩る花として、日本では代表的な存在です。
 
 
 P4023974.JPG
 
 
P4023995.JPG          P4024042.JPG
 
 
 
 
 
 
 自然豊かな日本で、多くの人々を魅了する淡いピンクの花は、
 
圧倒的な存在感で希望に満ちた春の到来を告げます。
 
 
 
P4024071.JPG
 
 
 
 P4024046.JPG          P4024082.JPG
 
 
 
P4024020.JPG 
 

磐田農業高校バラ園 [花・鳥]

P5180470.JPG
 
 
 静岡県立磐田農業高校バラ園は、学校創立100周年事業として、平成8年(1996)に
 
生徒と職員の手作りで、整備され完成しました。
 
学校のバラ園としては、国内で他に類をみない規模の大きさで、150種・1,500株が、
 
環境学科の生徒さん方の手で栽培され、丹精込めて育てられています。
 
 
P5180455.JPG
 
 P5180422.JPG P5180445.JPG P5180425.JPG
 
P5180449.JPG P5180433.JPG P5180448.JPG
 
 
P5180438.JPG 
 
 
 
 磐田市と浅羽町の堺を流れる太田川、遠州灘に近いにも拘わらず、殆ど鋼材で造られ
 
橋脚までもがH鋼むき出しの、[和口橋]が架かっています。
 
橋上での離合は無理な幅ですが、割と交通量は多く、先入車優先の暗黙ルールのある橋です。
 
1998年放送された[世紀末の詩]、第1話[この世の果てで愛を唄う少女]のロケ地の橋です。
 
 
P5180489.JPG
 
P5180491.JPG        P5180498.JPG
 
 
 P5180462.JPG        P5180463.JPG
 
 

南信州の桜花 [花・鳥]

 P4250077.JPG
 
 
 信州には、樹齢300年を越える古桜や姿形の美しい名桜が、多く残っています。
 
下伊那郡は標高1,000m近い高地の為、都会より一足遅い春を迎えます。
 
 
長野県下伊那郡売木村の[観音堂の桜]は、享保20年(1735)頃に建立された
 
観音堂脇に根を張るエドヒガンザクラで、樹齢140年と推定されている。
 
 
 P4250015.JPG       P4250020.JPG
 
 
 
長野県の南西端に位置する阿智村清内路(せいないじ)は、四方を標高1,500m前後の山々に
 
囲まれた山村で、享保年間(1716~1735)からの伝統ある[手作り花火]で知られる、建神社に
 
隣接する説教所前の、推定樹齢130年のシダレザクラは[説教所の桜]と呼ばれています。
 
 
 P4250039.JPG       P4250037.JPG
 
 
 同じく清内路、阿知川支流の黒川沿いの[黒船桜]は、ぺりー来航時に植えられた、
 
推定樹齢200年」の枝ぶりの良いシダレザクラです。
 
 
 P4250051.JPG       P4250058.JPG
 
 
 長野県下伊那郡阿智村智里にある[駒つなぎの桜]は、源義経が奥州に下る時に、馬を繋いだと
 
言われいるエドヒガンザクラの大木で、推定樹齢850年とも言われています。
 
 
 P4250103.JPG
 
 
P4250097.JPG       P4250110.JPG 
 
 
P4250091.JPG       P4250094.JPG
 
 

設楽の華 [花・鳥]

P4079838.JPG
 
 
 里のソメイヨシノが花びらを落とす頃、急遽思いつき、愛知県東三河北部に位置する
 
設楽(したら)町へ花見を兼ねてのドライブを決行、国道151号線を豊根村方面へ北上し、
 
途中にある中設楽の交差点を左折し国道473号線を一路、設楽町へ・・・・・
 
国道沿いの桜を横目に神谷に差し掛かると、神田川の左手の陽あたりの良い斜面に、
 
背面の緑と青い空に、淡いピンク色が映える[エドヒガン桜]の巨木が目に飛び込でくる。
 
 
P4079807.JPG
 
 
 P4079808.JPG               P4079812.JPG
 
 
 
P4079816.JPG
 
 
[和市のエドヒガン桜]
 
和市の薬師堂建設が今から450年前で、その頃に植えられたという樹齢450年のエドヒガン桜は、
 
種まき桜として地区の農作業の指標であると共に、地域のシンボルとして親しまれています。
 
 
P4079830.JPG
 
 
P4079820.JPG                P4079824.JPG
 
 
 
出来るとも出来ないとも言われている[設楽ダム]、一旦中止となっていましたが、
 
政権が代わり再度建設に向け始動・・・・・・・
 
姿、かたちの美しい樹齢80年の[八ッ橋のウバヒガン桜]は、町指定天然記念物です。
 
 
P4079852.JPG
 
 
P4079847.JPG      P4079857.JPG
 
 
昭和46年(1971年)に閉校となった八ッ橋小学校中学校は、この見事な桜と共に
 
湖底に水没してしまいます。二宮金次郎は、例え湖底であろうと勉学に勤しむことでしょう。
 
 
P4079863.JPG
 
 
P4079862.JPG         P4079858.JPG
 
 
 

熊野(ゆや)の長藤 [花・鳥]

P4214542.JPG

静岡磐田市池田の[熊野(ゆや)の長フジ]は、謠曲熊野や平家物語にも登場する

親孝行で有名な美女、熊野御前が植えたとの伝承が有り、花房が1m以上にも

伸びて、紫色の美しい花をつけます。

樹齢は指定850年位で、国の天然記念物に指定されています。

 いかにせん 都の花も惜しけれど 馴れし東の花や散るらん     熊野御前

P4214530.JPG      P4214488.JPG

P4214496.JPG     P4214523.JPG

本堂前の境内地にある5本のフジは、県の指定ですが、国指定に劣らない

巨木で、樹齢は定かでは有りませんが見事な老木です。

見頃は年により相違は有りますが、平年4月下旬から5上旬です。

P4214494.JPG

P4214524.JPG       P4214484.JPG

P4214495.JPG       P4214497.JPG

P4214512.JPG       P4214518.JPG


熊野(ゆや)の長藤 [花・鳥]

P4293206.jpg

静岡磐田市豊田町の天竜川そばにある行徳寺の熊野(ゆや)の長ふじは

花房が1m以上にも伸び、薄紫色の美しい花を付ける事で知られ、

平安時代末期、熊野御前(ゆやごぜん)が植えたとの伝承がある。

熊野御前(ゆやごぜん)は池田荘の庄司、藤原重徳の娘として生まれ

教養豊かな美しい女性であったことから[女性の手本]でした。

当時、遠江国司だった平宗盛に見初められ都に上がり

大変寵愛されました。

今から800年の昔、延久元年に創建された行徳寺の境内には

熊野(ゆや)が愛した藤の木が植えられています。

[いかにせん 都の春も惜しけれど 慣れし東の花や 散るらん]

P4293196.jpg

国指定天然記念物(1本)

樹齢:850年(推定)  根回り:2.9m   樹高:2.5m

花房の長さ:最長1.5m

他の5本は樹齢300年(推定)で県指定天然記念物ですがどれも

見事なものばかりでした。

P4293181.jpg

  P4293179.jpg      P4293186.jpg  

      P4293201.jpg     P4293193.jpg  

県指定史跡・米塚古墳群(米塚1号墳)

墳形:円墳   

規模:基底径40m

墳丘高さ:6m

P4293232.jpg

 P4293210.jpg   P4293231.jpg   P4293228.jpg

         P4293237.jpg        P4293202.jpg


掛川花鳥園 [花・鳥]

P4203013.jpg

静岡県掛川市にある掛川花鳥園は面積10haの敷地に、国内最大規模

大温室を備え[花と生物のふれあい]をテーマにしたパークで美しい花々や

鳥類と直接ふれあうことの出来る夢の空間です。

P4202948.jpg

長屋門の受付を終え、土産物コーナーを抜けると目の前に

ペンギンが出迎えてくれる、反対側はカモ池

  P4202951.jpg     P4202953.jpg

天井から下がったベコニアのトンネル

P4202954.jpg

   P4202971.jpg          P4202977.jpg

姿や生態がユニークで西洋では[知恵の神様][幸福を呼ぶ神様]として

日本でも[不苦労]などの語呂合わせで親しまれているフクロウ

P4202968.jpg

   P4202963.jpg   P4202960.jpg

温室内ではカラフルな鳥が人を恐れることもなく飛びかっていた。

   P4203005.jpg   P4202995.jpg

   P4202999.jpg   P4203003.jpg

P4202992.jpg


はままつフラワーパーク [花・鳥]

静岡浜松市西区舘山寺の[はままつフラワーパーク]は昭和45年に

浜名湖畔に開園し、緑豊かな30haの園内には、3000種

10万本の花と木々があふれ、四季を通じて楽しむ事ができる。

P4112820.jpg

30分毎に音楽に合わせての水の競演が

繰り広げられる大噴水

P4112849.jpg

大温室、クリスタルパレスのメキシカンガーデン

軽快なマリアッチが流れている。

   P4112865.jpg       P4112867.jpg

 大温室内で咲き乱れる色とりどりの花々

   P4112856.jpg  P4112862.jpg  P4112869.jpg

園内で運行されている交通機関のフラワー号

愛称を[チュウチュウトレイン]といい

幸せいっぱいの子供たちを乗せて走る。

  P4112834.jpg

     P4112873.jpg        P4112838.jpg

P4112872.jpg

P4112877.jpg


花・鳥 ブログトップ