So-net無料ブログ作成
検索選択
古民家 ブログトップ

廻船問屋 清水家 [古民家]

P5280856.JPG





静岡県掛川市大須賀町・江戸時代に廻船問屋を営み、藩の御用達を勤めるなど


繁栄した旧家[清水家]、湧水を巧みに取り入れた回遊式庭園は見事です。



P5280885.JPG


P5280889.JPG   P5280892.JPG


P5280865.JPG   P5280877.JPG

           




横須賀城は、戦国時代末期に東方の武田軍と西方の徳川軍の勢力争いの


最前線として有名ですが、天正9年に徳川軍が武田軍を下してから


明治維新の廃城となるまで、約300年余り繁栄しました。



P5280853.JPG



P5280852.JPG   P5280859.JPG




nice!(430)  コメント(7) 

旧高野家住宅 [古民家]

P4167427.JPG
 
 
 
 
 
 山梨県甲州市塩山、中央本線塩山駅前に所在する[高野家]は、江戸時代初期頃より
 
薬用植物の甘草を栽培し幕府に納めていた家で、古くから[甘草屋敷]と呼ばれていました。
 
 
P4167413.JPG
 
 
 
 
 
 
19世紀初頭に建築されたと伝えられている住宅は、南面中央に突き上げた屋根を設けた
 
茅葺き型銅板葺き(昭和35年の修理で保存の為に茅葺きから銅板葺きに改修)の
 
大型民家で、切妻造りの美しい建物で重要文化財に指定されています。 
 
 
 
P4167414.JPG       P4167415.JPG 
 
 
 
 P4167429.JPG       P4167416.JPG
 
 
 
 P4167423.JPG       P4167425.JPG 
 
 
 
※これらの画像は一ヶ月前に撮ったものです。 
 
 
 
 

nice!(491)  コメント(5) 

旧糟谷邸 [古民家]

P1166705.JPG
 
 
 
 
 愛知県西尾市吉良町萩原の[糟谷家]は、江戸時代を通じてこの地方の地主として
 
また地場産業であった[三河木綿]の総問屋を営み栄えた旧家です。
 
代々縫右衛門(ぬいえもん)を名乗り、領主の大多喜藩(千葉県)大河内松平家の
 
御用達頭取として、苗字帯刀を許されていました。
 
 
P1166736.JPG
 
 
 P1166708.JPG          P1166711.JPG
 
 
 
 
 
 永正2年(1505)に、初代重賢が萩原村に移住し帰農したとされ、以後14代重義が
 
昭和56年に没するまで、470年間にわたって当地に在住していました。
 
 
P1166697.JPG
 
 
P1166703.JPG     P1166696.JPG
 
 
 
 
 庭園は、幕末に親交のあった尾州久田流の久田栄甫によって表千家
 
[残月の間]の写しが建てられ、全体が茶庭化しました。
 
 
P1166742.JPG
 
 
P1166764.JPG          P1166756.JPG 
 
 
 
 
 
主屋・長屋門・土蔵・屋敷神等の建物が現存し、長屋門は糟谷家が御用達を務めた大多喜藩の
 
小牧陣屋(吉良町小牧)から移築したといわれ、武家屋敷の風格が漂っています。
 
 
P1166738.JPG 
 

nice!(500)  コメント(8) 

天竜川筏問屋・田代家 [古民家]

PB016189.JPG
 
 
 
 
 
静岡浜松市天竜区二俣町鹿島の[田代家]は、江戸時代に北鹿島村の名主と
 
渡船場船越頭(とせんば ふなこしがしら)を務める一方、重要な交通路であった
 
天竜川の上流で産出される木材の搬出を筏(いかだ)流しで行う
 
受け継ぎ問屋も経営し、長年に渡りたいそう繁栄した旧家です。
 
 
 PB016125.JPG
 
 
天竜川を上下する船筏とその積み荷に、十分の一を課税した幕府の
 
[拾分一番所]の役人や請負人をしたことも有り、名主としての住居と共に、
 
番所の意味合いから[冠木門]がおかれています。
 
 
PB016161.JPG         PB016155.JPG
 
 
PB016140.JPG         PB016141.JPG
 
 
PB016142.JPG         PB016143.JPG 
 
 
 
 
 天正8年(1580)・2代目、九郎左衛門の子 孫丞(まごのじょう)の時、徳川家康
 
遠州経略に協力したために、天竜川の筏川下げと諸法度免除の御朱印を与えられました。
 
主屋は安政6年(1859)に建築されたものです。
 
 
PB016144.JPG
 
 
PB016137.JPG                  PB016163.JPG
 
 
 
PB016130.JPG PB016173.JPG PB016175.JPG
 
 
PB016177.JPG          PB016183.JPG 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

nice!(492)  コメント(5) 

釜屋建て・望月家住宅 [古民家]

PA256065_01.JPG
 
 
 
 
 
 
愛知県新城市黒田に所在する[望月家]は、武田家の家臣で[長篠の戦い]に敗れた後、
 
長野県望月町には帰らず現在地に土着したのが先祖と言われ、江戸時代は薬問屋を
 
営み、明治には木挽きをしていたとつたえられています。
 
 
 PA256061_01.JPG
 
 
PA256105.JPG
 
 
PA256096.JPG          PA256102_01.JPG
 
 
 
 
 
 望月家は豊川及び天竜川流域にかけて分布する、主屋と釜屋の2棟からなす
 
分棟型民家で、この地方では[釜屋(かまや)建て]と呼ばれ、
 
[望月家]は元禄2年(1689年)頃建築され、現存する建物としては最古のものです。
 
 
昭和49年に国の重要指定文化財に登録されました。
 
 
 
 
 PA256077_01.JPG
 
 
PA256067_01.JPG          PA256073.JPG
 
 
PA256074.JPG                    PA256082_01.JPG
 
 
 
PA256091.JPG PA256092.JPG PA256110.JPG 
 
 

nice!(548)  コメント(9) 

大鹿村・松下家 [古民家]

P8145450.JPG
 
 
 
 
長野県下伊那郡大鹿村 
 
 
中央構造線に沿って流れる青木川沿いの秋葉街道より、急勾配の山道を登ること10分、
 
山あいの開けた引ノ田集落に、切妻大屋根造りの建物が突然目に飛び込んできます。
 
 
P8145447.JPG
 
 
 
 戦国時代から続いた豪族の松下家は、現在は国の重要文化財で豪農の住居として
 
保存されていて、その質も非常に良く素晴らしい旧態をとどめていました。
 
 
 P8145452.JPG
 
 
 
 
 
 
予約をしていない為(施錠している)に屋内には入れず、裏庭を見学・・・・・
 
雑草は綺麗に刈り取られていしたが、庭木の手入れまで手が回らない様子。
 
 
それでも木槿が主のいない館で、時の流れを見つめていました。 
 
 
 
 
 P8145440.JPG         P8145456.JPG
 
 P8145455.JPG         P8145454.JPG 
 
 P8145459.JPG         P8145449.JPG
 
 

nice!(506)  コメント(5) 

相良・大鐘(おおがね)家 [古民家]

P6064914.JPG
 
 
 
 
 静岡県牧之原市片浜・・・相良は江戸時代より城下町として栄え、田沼意次の
 
城があったことでも名が知れています。
 
慶長2年(1597)柴田勝家の家臣、越前(福井県)丸岡城家老[大鐘籐八郎貞綱]が
 
遠州相良に移住、江戸初期には旗本3千石の格式を持ち、18世紀初めに
 
大庄屋となり、大鐘家の館を築き上げました。
 
 
 P6064880.JPG
 
 
P6064883.JPG        P6064906.JPG
 
 
 
 
 黒松の太い梁が何双にも組まれた重圧感のある主屋は、18世紀初頭の建立で切妻造り、
 
明治以前は茅葺き屋根だったそうですが現在は瓦葺き、建坪160坪(528㎡)
 
部屋数は15室、現当主(23代目)の住居として使用されています。
 
季節毎に行事が催され丁度[あじさい祭り]の真っ最中、屋内には地元の
 
作家による木彫りの作品も展示されていました。
 
 
 P6064888.JPG
 
 
P6064901.JPG P6064898.JPG P6064900.JPG
 
 
 
 
P6064903.JPG
 
 
P6064924.JPG P6064934.JPG P6064930.JPG
 
P6064935.JPG P6064933.JPG P6064945.JPG 

nice!(520)  コメント(11) 

保存民家 細川家住宅 [古民家]

PB033198.JPG
 
 
 
 
 
 愛媛県東部、石鎚山系の東側に海岸線から急に粗反り立った標高1500~1700mクラスの
 
山々が並ぶ赤石山系、法皇山脈を走る[別子翠波はな街道]沿い[てらの湖畔広場]内に佇む
 
細川家住宅は、明治15年(1882)寺野地区に建築された茅葺き民家です。
 
 
昭和62年富郷ダム建設に伴い、寺野地区が水没地となるに至り、茅葺き屋根民家を
 
保存する事となり現在の広場へ解体移転しました。
 
この住宅は、旅籠としても利用されていた為に一般農家とは異なった特色をもっています。
 
 
 PB033179.JPG
 
 
PB033174.JPG        PB033163.JPG
 
PB033158.JPG        PB033164.JPG
 
PB033167.JPG PB033168.JPG PB033169.JPG
 
 
 
 
 
 
 紙の町として臨海部に製紙工場が集積している旧伊予三島市は、愛媛県東予地方に
 
あった市ですが、2004年の市町村合併により四国中央市となりました。
 
 
 PB033204.JPG
 
 
PB033191.JPG         PB033203.JPG 
 
 
※この画像は、2014年11月初旬に撮影しました・・・・・ 

渡部家住宅 [古民家]

PB223608.JPG
 
 
 
 
 
 愛媛松山市東方町に所在する渡部家住宅、もともと渡部家は現在の
 
愛媛県東温市南方(旧川内町南方)代々庄屋を務める家柄でした。
 
 
江戸時代末期に現在の松山市東方町(旧荏原村)において、年貢米が松山藩に上納されない
 
状況となり、松山藩主の君命により当時の南方渡部家の3男渡部操長綱(みさお ながつな)が
 
村経営立て直しのため、入り庄屋として天保15年(1844)にこの地に分家、村再建に成功した。
 
 
 PB223599.JPG
 
 
 
 
 この建物が建てられた江戸時代は士農工商の時代であり、侍の家は瓦葺きで百姓の家は
 
茅葺きが原則であり、渡部家は越屋根を茅葺きとして、農家で有ることを象徴しています。
 
 
PB223646.JPG
 
 
 
 
 珍しい唐破風の屋根と庄屋の財力と威厳を示す、玄関土間の上の太い梁
 
 
 PB223628.JPG          PB223633.JPG
 
 
 
 
この建物は昭和45年(1970)国により重要文化財に指定されました。
 
 
 PB223641.JPG
 
 
PB223610.JPG PB223616.JPG PB223643.JPG 

旧山中家住宅 [古民家]

PB103496.JPG
 
 
 
 
 
愛媛県上浮穴郡久万高原町上黒岩に、昭和50年(1975)に旧別子村より移築復元された
 
[旧山中家住宅]は、江戸時代中期の18世紀中頃に建築されたと推定される、入り母屋造りの
 
茅葺き屋根ので、国の重要文化財に指定されています。(指定は、移築前の昭和45年)
 
 
PA262865.JPG
 
PA262862.JPG        PA262858.JPG
 
 
 
 
四国地方の山間部に多く見られる、一列に大きく三分割された間取りは、地形を有効利用し
 
建物の狭さをカバーし、合理的な生活空間を創っています。
 
 
PA262878.JPG   PA262870.JPG   PA262876.JPG
 
 PA262879.JPG             PA262873.JPG
 
 

庄屋屋敷[土居家] [古民家]

PA252781.JPG
 
 
 
 
 愛媛県西予市野村町惣川(そうがわ)、かつて伊予と土佐を結ぶ街道の宿場として
 
栄えた、雲湧き星降る旧惣川村の山里に残る庄屋屋敷[土居家]は、
 
江戸時代後期、文政10年(1827)の建築と伝えられています。
 
土居家は、四国に現存する茅葺き民家の中では最大級といわれ、茅葺き入り母屋造りで
 
間口12間(約25m)奥行き6間(約12m)高さ13m建坪約90坪と
 
標準的な茅葺き民家の約4倍の大きさです。
 
 
※訪問時に屋根の葺き替え中の為見学出来ず、内部は一部のみ掲示です。
 
 PA252747.JPG         PA252748.JPG
 
 PA252772.JPG         PA252774.JPG
 
 
 
 
敷地内には、明治時代に実在した茶室を復元し、茶会や句会・川柳・写真等の
 
各種発表会や展示会にも使用できるそうです。
 
PA252757.JPG
 
 
PA252761.JPG                PA252770.JPG 
 
 
 
 
 同市宇和町明間の[観音水]は、歯長峠に近い杉林の斜面にある鍾乳洞から、
 
日量8,000トンの湧水(弱アルカリ性)で、肱川に注いでいます。
 
昭和60年(1985)に、名水百選の1つに選定されました。
 
 PA252784.JPG PA252786.JPG PA252788.JPG
 
 
PA252764.JPG       PA252750.JPG 
 
 
 
 
 

西湖いやしの里 [古民家]

P6140939.JPG
 
 
 山梨県南都留郡富士河口町、西湖畔の西北に位置する根場(ねんば)地区は、
 
かつて[かぶと造り]の茅葺き屋根が立ち並ぶ、日本一美しい集落でしたが、
 
昭和41年の台風災害により甚大な被害を受け、集落の殆どが消滅しました。
 
 
40数年の歳月を経て、茅葺き屋根群と霊峰富士の景色が蘇りました。
 
 
 P6140915.JPG        P6140933.JPG
 
 
 P6140923.JPG        P6140944.JPG 
 
 
 
 20棟の茅葺き屋根が立ち並び、それぞれの建物では、伝統工芸の体験学習ギャラリーの見学
 
地場特産品の販売、喫茶や食事など楽しみながら、爽やかな風と日本の長閑な農村風景に癒されます。
 
P6140921.JPG P6140929.JPG P6140918.JPG 
 
 
 P6140924.JPG             P6140937.JPG

庄屋屋敷・加茂荘 [古民家]

P6090822.JPG
 
 
 静岡県掛川市原里の[加茂花菖蒲園]には、1ヘクタールの広々とした園内に、およそ1,000品種
 
100万本の色とりどりの花菖蒲が、梅雨の晴れ間に輝き、夢のような光景が広がっています。
 
 
  P6090720.JPG        P6090711.JPG
 
  P6090729.JPG        P6090801.JPG
 
P6090806.JPG
 
 
加茂家は桃山時代から続く庄屋で江戸中期、享保の頃から小作地が増え、江戸末期の
 
弘化の頃には64名の小作人を擁する等1級の地主となる一方、掛川藩の
 
地方御用達として、公認の金融機関としての役割を担っていました。
 
 
 P6090731.JPG
 
 
P6090733.JPG        P6090767.JPG
 
 P6090762.JPG        P6090765.JPG 
 
P6090759.JPG P6090757.JPG P6090741.JPG
 
      

旧小笠原家書院 [古民家]

P4250164.JPG
 
 
 長野飯田市伊豆木[旧小笠原家書院]
 
伊豆木小笠原家は、中世松尾に居城した、松尾小笠原家の後裔です。
 
慶長5年(1600)、徳川家康より初代小笠原長巨が、伊豆木において秣料千石を賜り、
 
この地に居館を構え、以後代々ここに居住しました。
 
その居館は小型の城郭をなしていましたが、明治初年帰農の際に、大半の建物は
 
取り壊され、書院のみが残されました。
 
現書院は、寛永初年(1624)頃に初代長巨が建立したものです。
 
 
 P4250152.JPG
 
 
 P4250148.JPG        P4250161.JPG
 
 
 書院は居館の中でも、接客に用いられた最も重要な建物で、南側が崖上に突出した縣造りの
 
書院は全国的にも珍しい建造ですが、城郭の書院らしい構造です。
 
 
 P4250177.JPG
 
 格式の高い書院であるとともに、地方豪族らしい質実剛健の趣が強く残る重要文化財です。
 
P4250157.JPG
 
 
     P4250159.JPG        P4250160.JPG
 
 
     P4250162.JPG P4250166.JPG P4250167.JPG
 
 
 

中村家住宅 [古民家]

P4129880.JPG
 
 
静岡浜松市西区雄踏町宇布見に所在する、中村家の初代中村正範は、源頼朝の実弟である
 
範賴の末裔の武士で、大和国広瀬郡中村郷に住んでいました。
 
文明13年(1481)に、14代正實(まさざね)が今川氏に招かれ、遠江国磐田郡大橋郷に
 
領地を賜りその後、敷知郡和田・平松・宇布見・山崎・大白須の5ヶ荘が与えられ、
 
16世紀の今川時代には、同氏の家臣として代官職を勤め、浜名湖の軍船を支配していました。
 
 
P4129931.JPG          P4129932.JPG 
 
 
 江戸時代、式台や玄関と同じように、一定の格式ある家に建てられたもので、
 
安永4年(1775)、屋敷南側に建築されたが、その後に屋敷南側に移設された。
 
 
P4129869.JPG
 
 
 重要文化財に指定されている主屋は、約3,000㎡の屋敷の中央に建つ、寄棟造り茅葺き平屋建
 
の建物で、規模は間口21,3m・奥行11,2m平面積238,7㎡の大規模な造りです。
 
茅葺きの材料は葭葦(よしがや)を使用し、僅かに丸みをつけた屋根が美しい。
 
 
P4129929.JPG
 
 P4129878.JPG     P4129895.JPG
 
 P4129890.JPG     P4129886.JPG
 
 
 胞衣(えな)塚は、天正2年(1574)2月8日に、徳川家康の側室[お万の方]が家康の第2子である
 
於義丸(後の結城秀康)を、当屋敷で出産した時の胞衣(後産)を埋めた現存している塚です。
 
貞享(じょうきょう)5年頃、江戸で制作された石燈籠は、日本橋に住んでいた中村清兵衛から
 
海上輸送により、中村家に贈られたものです。
 
 
P4129914.JPG        P4129913.JPG
 
 
 P4129917.JPG P4129907.JPG P4129926.JPG
 
 P4129909.JPG P4129918.JPG P4129922.JPG 

友田家住宅 [古民家]

P3279633.JPG
 
 
 静岡県周智郡森町亀久保の山間部にある[友田家住宅(国指定重要文化財)]、友田家の由緒は
 
はっきりしていませんが、江戸時代には代々庄屋を勤めた旧家であり、
 
建築年代は18世紀前半と推定されています。
 
言い伝えによれば元禄13年(1700年)に同家の南隣接地から移転したといわれています。
 
 
P3279651.JPG         P3279652.JPG
 
 
P3279664.JPG        P3279666.JPG
 
 
後世の改造は少なく、台所の一部を土間とし、広間を二室に分けた他は
 
建具や造作を改変した程度で、当時の面影を濃く残しています。
 
 
P3279656.JPG        P3279658.JPG 
 
P3279661.JPG        P3279660.JPG 
 
 
森町間詰の吉川沿いにある[アクティー森]は、整備された38,000㎡の敷地内に、陶芸や紙漉き・草木染め
 
などを体験できる工房や野外イベント広場・テニスコート・パターゴルフなど楽しめるレクレーション施設があり
 
四季折々の豊かな自然に囲まれたなかで、余暇を満喫することが出来る体験型パークです。
 
 
P3279636.JPG 
 
 
 
 
P3279626.JPG           P3279630.JPG
 
 
P3279639.JPG
 

三州足助屋敷 [古民家]

P1068214.JPG
 
 愛知県豊田市足助(あすけ)町に在する[三州足助屋敷]は、消えゆく昔の風景や暮らしを
 
提供すると共に、昔の技術の伝承を目的とし、1980年に開館した観光施設です。
 
生活に必要なものは自分で作るという、昔なら当前の生活スタイル触れることが出来ます。
 
 
P1068269.JPG        P1068217.JPG 
 
 
昭和30年代の豪農の母屋をモデルに再現した、竹の骨組みと茅葺き屋根の
 
大きな建物の中では、昔ながらの山里の暮らしを見ることが出来ます。
 
 
 
 P1068220.JPG
 
P1068230.JPG        P1068264.JPG
 
 
生活に欠かせない水をくみ上げる井戸や、くらしを支える動力源として米や麦など精米に
 
使われた水車、壁が竹の骨になっていて、厚さ24cmの土壁で出来た土蔵。
 
 
 P1068218.JPG P1068245.JPG P1068225.JPG
 
 
 
足助屋敷では、機織り・藍染・わらぞうり作り・竹とんぼ・紙すき・竹細工・五平餅作りの
 
体験実習ができますが、実習項目により料金や定員だ限定されるものがあるそうです。
 
 
 
 P1068242.JPG        P1068250.JPG
 
 
P1068254.JPG P1068255.JPG P1068235.JPG
 
 
 P1068259.JPG P1068229.JPG P1068233.JPG

豊根村 熊谷家 [古民家]

PB067442.JPG
 
 
 愛知県北設楽郡豊根村の熊谷氏宅は、天竜川支流大入川の中流部の山間に位置する。
 
この場所は遠江の佐久間から大入川沿いに上がって津具ー根羽ー金城から
 
新野に向かう中馬街道の脇道として、重要な道番所でした。
 
PB067412.JPG       PB067415.JPG 
 
 
PB067418.JPG
 
 
熊谷家はかつて造り酒屋を営むと共に、山間部庄屋を務め現在20代目を
 
継承している古い家柄です。
 
建造年代を推測する資料としては、寛保4年(1744)以降の祈祷札が残っており、
 
建築年代は18世紀前半であろうと推測されています。
 
 PB067421.JPG       PB067430.JPG
 
 PB067413.JPG       PB067445.JPG
 
 PB067453.JPG       PB067450.JPG 
 

飛騨の里 [古民家]

PA227345.JPG
 
 
飛騨の各地から、豪雪に耐えてきた貴重な民家や生活用具を、文化遺産として後世に伝えるため
 
[飛騨民俗村・飛騨の里]が、昭和46年(1971年)に岐阜県高山市上岡本町に開村しましおた。
 
 PA227313.JPG            PA227340.JPG
 
 
 旧中藪家住宅(左)は、現高山市一之宮町山下にあった、飛騨地方中央部特有の民家で
 
江戸中期以前の建築と考えられます。
 
旧若山家(右)は、現高山市荘川町下滝にあり。荘川造りといわれる入母屋造りから白川村
 
 の合掌造りに移行する構造が見られ、合掌造りの発展を残している建物です。
 
PA227307.JPG   PA227310.JPG 
 
 
旧田口家は、現下呂市金山町にあり、代々庄屋をつとめた家柄で文化6年(1809年)
 
に建てられました。飛騨地方南端にあった為、積雪の重みに弱い構造です。
 
 PA227314.JPG   PA227317.JPG
 
 
 旧八月一日(ほずみ)家(左)は、現高山市荘川町にあった西願寺の庫裏(くり)として
 
江戸時代末期に建てられたものです。
 
旧富田家(右)は、現飛騨市神岡町」にあり、越中東街道筋の問屋を家業とし、
 
江戸時代末期に建てられました。
 
 
 PA227321.JPG   PA227333.JPG
 
 
 PA227342.JPG   PA227309.JPG 

城下町・岩村 [古民家]

P7146031.JPG
 
 岐阜県恵那市岩村町は、江戸時代岩村藩の城下町として栄えました。
 
岩村には、たくさんの歴史的建造物が立ち並び、東西延長約1.3km、面積14.6haの細長い地区は
 
重要伝統的建造物群保護地区として、平成10年に国から選定されました。
 
 P7146035.JPG         P7146057.JPG
 
岩村町は、800年の歴史のある城下町であり、悲劇の女城主の舞台となった町です。
 
女城主にちなみ、軒先の青のれんには女主人の名前が書かれ、旅人を饗しています。
 
 P7146041.JPG     P7146048.JPG       P7146049.JPG
 
江戸時代末期から順次形成され、明治39年(1906)の岩村電気鉄道
 
開通とともに、発展してきました。
 
 P7146045.JPG           P7146058.JPG
 
P7146038.JPG P7146043.JPG P7146056.JPG
 

安藤家住宅 [古民家]

P4254587.JPG

山梨県西八代郡三郷町市川大門は、甲斐源氏発祥の地として知られています。

[ひらしお源氏の館]は、この平塩の岡に、正倉院で知られる校倉風を取り入れた外観で、

日本伝統木造建築の、技術を生かした美しい建物の施設が建っています。

メインポールには、百年杉をそのまま使用し、木の力強さを表現しています。

P4254568.JPG

P4254566.JPG       P4254565.JPG

P4254562.JPG       P4254563.JPG

P4254564.JPG  P4254561.JPG  P4254569.JPG

山梨県南アルプス市西南湖に所在する[安藤家住宅]は、甲府盆地南西部の釜無川と

滝沢川に挟まれた、水田地帯に位置し、国の重要文化財に指定されています。

安藤家の先祖は、武田氏の家臣と言われ、かつては小尾の姓を名乗っていました。

武田氏滅亡後は、一時徳川家に仕えた後、現在の甲府市に帰農して、

母方の安藤の姓を名乗り、宝永5年(1708)に現在の地に居住しました。

江戸中期以降は、西南湖村の名主を努めた旧家で高田新田を治めていました。

P4254577.JPG

P4254596.JPG 

 P4254595.JPG       P4254614.JPG

P4254600.JPG         P4254599.JPG

P4254604.JPG         P4254602.JPG

  


庄屋屋敷大箸家 [古民家]

P2071628.JPG

静岡磐田市壱貫地に所在する[花咲乃庄]は、現存する建造物7件全てが、

平成20年3月7日、国の有形文化財として登録されました。

P2071537.JPG     P2071536.JPG

大箸家は江戸の終わり頃、磐田市壱貫地で造り酒屋を営み、当主大箸藤次郎は

天保初年に家督を継ぎ、嘉永2年には庄屋を勤めました。

現在の当主は藤次郎の孫、大箸晴康氏で、この貴重な屋敷を整備し、多くの人が

[故人の智恵に学び、自らの花を咲かせる発展の基礎となること]

を願い、ここを花咲乃庄と名付け、一般公開しました。

P2071539.JPG P2071543.JPG P2071544.JPG

P2071546.JPG     P2071604.JPG

2階の多目的ギャラリーでは、季節の催し物やイベント又展示会が開催されています。

P2071549.JPG

P2071548.JPG     P2071547.JPG

大箸酒造は江戸末期天保の時代から、昭和40年頃まで続き

[男山][錦鷹][鷹政宗][福泉]など数々の銘酒を造りました。

P2071606.JPG

P2071592.JPG     P2071598.JPG

P2071625.JPG     P2071570.JPG

P2162159.JPG     P2162163.JPG


加茂荘・花菖蒲園 [古民家]

P4243085.jpg

静岡県掛川市原里の加茂家は桃山時代からの庄屋で、当地(遠州佐野郡桑地村)の

過半を占める極めて有力な庄屋でした。江戸中期頃より

小作地が増え、江戸末期弘化の頃には64名の小作人から566俵を収納した

記録があり等一級の地主でしたが戦後の農地改革で

50町歩の耕作地を失いました。

P5243535.jpg

P5243533.jpg

  P5243528.jpg  P5243543.jpg  P5243536.jpg

庄屋時代の加茂家は国学、和歌などに熱心で文人墨客の

往来が盛んであったようです。

 P4243098.jpg     P4243108.jpg 

P4243115.jpg     

安永2年の建築から240年の時を刻む全面 池の裏庭

 P4243101.jpg     P4243129.jpg

花菖蒲園の敷地内に3000㎡の多目的温室があり、

喫茶 飲食コーナーでは 、花の香りに包まれ食事が出来ます。

 P4243130.jpg     P4243149.jpg

開通したばかりの新東名高速道路

     P4243094.jpg     P4243088.jpg


茅ぶきの里 [古民家]

愛知県岡崎市千万町町(ぜまんじょうちょう)の県道333号線沿いに昭和初期の

農山村の原風景を残した1画がある。

同町に1軒だけ残っていた、かやぶき家屋を町おこしにと改修したもので

納屋や蔵、裏山の棚田などが管理保存されている。

PC141779.jpg

PC141780.jpg

PC141778.jpg

NHKの朝ドラマ[純情きらり]のロケ地にもなり訪れる人々を戦前へと

タイムスリップさせる。

PC141776.jpg

   PC141775.jpg    PC141755.jpg


いやしの里根場(ねんば) [古民家]

西湖の西北に位置する根場(ねんば)は、かつて日本で最も美しい[兜造り]の

茅葺きの民家が立ち並ぶ集落でしたが、昭和47年の台風で甚大な被害を

受け集落のほとんどが消滅してしまった。

40数年を経て[いやしの里]として蘇り、時空を越えて昔懐かしい

茅葺き屋根群と不動の富士山で癒される。

PB221529.jpg

  PB221540.jpg   PB221518.jpg  PB221516.jpg

爽やかな風を感じながら格別の富士山を望みながら

癒しの空間を満喫する。

     PB221537.jpg         PB221546.jpg  


古民家 ブログトップ